下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になること
多くあります。

一括査定サイトを使うと、
大手下取り会社、最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

フリードのライバル車といえば同じコンパクトミニバンの「トヨタ・シエンタ」ですが,「ステップワゴン」も比較されることが多いんです。

同じミニバンですが価格も性能も違います。

フリードとステップワゴンはどっちが買いなのか。比較していきたいと思います。

スポンサードリンク

フリードvsステップワゴン デザイン・カラー・サイズ比較!


https://www.honda.co.jp/

それでは,さっそくフリードとステップワゴンを比較していきましょう。まずは外観に関する情報から見ていきます。

デザイン比較

フリードは全体的に丸みを帯びたデザインになっているのに対し,ステップワゴンはフロント部分こそ丸みを帯びていますが,少し角ばって引き締まったデザインになっています。

https://www.honda.co.jp/FREED/

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

フロントマスクを見てみると,フリードはホンダ共通のデザインで万人受けするするのに対し,ステップワゴンは共通のものに近いデザインではありますが個性が垣間見えます。

デザインで大きく違うのは,フリードがフリード+もデザインが変わらないのに対し,ステップワゴンにはエアロパーツが装着され,スポーティーな印象になる「スパーダ」があります。

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

フリードは,万人受けするデザインであるがゆえに飽きやすいデザインでもあります。

しかし,ステップワゴンはスパーダという上位モデルも用意しており,迫力のあるデザインになっています。

個人的には、デザイン面ではステップワゴンですね。

カラー比較

続いて,ボディカラーを比較してみます。

https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/

フリードのボディカラーは全9色で,シトロンドロップやプレミアムクリスタルレッド・メタリックなどのビビッドカラーもあります。

これに対して,ステップワゴンは全7色,スパーダが全8色ですが,全体的に暗めのバリエーションになっています。

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

これはフリードが女性も購入しやすいようにカラーの設定を多彩にして,ステップワゴンはターゲットがファミリー層なので,落ち着いた色合いにしたためだと思われます。

カラー面においては,多彩なカラーから選べるフリードの勝利です。

サイズ比較

最後に,ボディサイズを比較してみましょう。

https://www.honda.co.jp

・フリードのボディサイズ
全長:4.265~4.295mm
全幅:1.695mm
全高:1.710~1.735mm
ホイールベース:2.740mm
最小回転半径:5.2m

https://www.honda.co.jp

・ステップワゴンのボディサイズ
全長:4.690~4.760mm
全幅:1.695mm
全高:1.840~1.855mm
ホイールベース:2.890mm
最小回転半径:5.4~5.7m

 

わかっていたことですが,ステップワゴンのほうが一回り大きいです。

意外だったのは全幅が同じだったことです。横幅は変わらないんですね。

 

フリードは小回りがきくことをよく評価されていますが,数値にしてみると明らかです。ホイールベースが短い分最小回転半径も小さくなっています。

ボディサイズ面においてはステップワゴンの圧勝です。

スポンサードリンク

フリードvsステップワゴン 価格・性能・快適さ比較!


https://www.honda.co.jp/FREED/

さて,外観勝負はステップワゴンが勝利しましたが,車は外観だけではありません。
続けて価格や性能,快適さを比較していきましょう。

価格比較

フリードの車体価格は次のとおりです。

ガソリンモデル:188万円~285万円
ハイブリッドモデル:225万円~315万円

 

ステップワゴンの車体価格は次のとおりです。

ガソリンモデル:245万円~341万円
ハイブリッドモデル:330万円~355万円

 

ステップワゴンは,ハイブリッドモデルがスパーダにしか設定されていないので,少し高く感じますね。

価格差が大きい理由の一つに安全装備があります。

 

https://www.honda.co.jp

フリードにはホンダの先進安全技術である「Honda SENSING」が一部のグレードにしか搭載されません。

 

 

https://www.honda.co.jp

しかし,ステップワゴンは全グレードに標準搭載されています。これが価格差が生じる原因の一つです。

安ければいいというわけではありませんが,車体価格だけを見ればフリードです。

性能比較

ひとえに性能と言っても走行性能や燃費性能などありますが,ここでは燃費に焦点を当てて比較したいと思います。

https://www.honda.co.jp

フリードの燃費性能は次のとおりです。なお,数値はJC08モードで測定されたものです。

ガソリンモデル:19.0km/L
ハイブリッドモデル:27.2km/L

 

https://www.honda.co.jp

ステップワゴンの燃費性能は次のとおりです。なお,ガソリンモデルはJC08モード,ハイブリッドモデルはWLTCモードで算出されたものです。

ガソリンモデル:17.0km/L
ハイブリッドモデル:20.0lm/L

 

どちらもミニバンとしては素晴らしい燃費性能です。

JC08モードで測定された燃費を,2割カットした数値が実燃費になると言われていますので,フリードハイブリッドの実燃費は21.76km/L程度と推測されます。

 

WLTCモードで算出された燃費はほぼ実燃費ですので,両者を比較しても燃費は大差ないことがわかります。

車両が小型で軽い分フリードのほうが若干燃費がいいという感じですね。

快適さ比較

最後に,快適さを比較してみましょう。

 

フリードに搭載されている同乗者が快適に乗れるような技術は,ステップワゴンにも同じように搭載されています。

また,サイズ比較のところでも触れましたが,全長や全高が高い分ステップワゴンのほうがゆったり乗ることができます。

https://www.honda.co.jp

快適さで大きく差がつくのはステップワゴンの「わくわくゲート」ではないでしょうか。

ミニバンのリアゲートは大きく縦に開くため,スペースが十分確保できていなければぶつけてしまいかねません。

 

ところが,ステップワゴンのわくわくゲートは縦にも横にも開くことができるので,スペースが心もとない場合でも問題なく開くことができます。

快適さは間違いなくステップワゴンです。

スポンサードリンク

フリードvsステップワゴン 車中泊やキャンプ・家族連れにおすすめは?


https://www.honda.co.jp/

ここまで比較した結果は五分五分です。

ミニバンを購入する方は,ファミリー層やアウトドアが好きな方が多いのではないでしょうか。

遠出すると場合によっては車中泊をすることもあると思います。車中泊やアウトドアに向いているのはどっちでしょうか。

居住空間比較

https://www.honda.co.jp

フリードの室内寸法は次のとおりです。

室内長:3,045mm
室内幅:1,455mm
室内高:1,275~1,285mm

 

https://www.honda.co.jp

ステップワゴンの室内寸法は次のとおりです。

室内長:3,220mm
室内幅:1,500mm
室内高:1,405~1,425mm

 

どちらも十分な大きさがありますが,外寸では長さが425mm差がありましたが,内寸では175mmに減っており,外寸では同じだった幅が内寸では45mm差が出ています。

この室内長を長く設計していることため,フリードはコンパクトミニバンでありながら3列目シートを可能にしているのです。

車中泊に適しているのはフリード

それでは,車中泊をすることを踏まえるとどっちがいいのか見ていきましょう。

https://www.honda.co.jp

 

車中泊をするためには後部座席をフラットにする必要があります。

両車ともシートアレンジを変更することができますが,残念ながらシートを倒してもフラットになることはありません。

シートとシートの間に段差があって凸凹していますので,車中泊をしたければマットレスが必要になってくると思います。

https://www.honda.co.jp

しかし,5人乗りのフリード+を選択すればマットレスがなくても車中泊ができるんです!

フリード+は3列目のシートがないため,シートを倒すとラゲッジスペースから後部座席までをフラットにすることができます。

ただし,フラットになるシートの位置が高いので天井が低いです。頭を天井にぶつけないよう注意しましょう。

アウトドア向きはステップワゴン

アウトドアや家族で遠出するときはどうしても荷物が多くなります。

いくら室内が広くてもラゲッジスペースが小さくては意味がありません。

https://www.honda.co.jp

フリードの荷室寸法は次のとおりです。

開口部高さ:1,110mm
開口部幅:1,080mm
開口部地上高:480mm

 

https://www.honda.co.jp

ステップワゴンの荷室寸法は次のとおりです。

開口部高さ:1,270mm
開口部幅:1,180mm
開口部地上高:445mm

 

ステップワゴンのほうが地上高が低いため,荷物の出し入れがしやすいです。

https://www.honda.co.jp

また,ステップワゴンはシートアレンジがフリードよりも自由なので,片側のみシートを倒せば長い荷物でも積み込むことができます。

フリードも3列目のシートを跳ね上げて格納すれば,ラゲッジスペースは大きくなりますが,ステップワゴンに比べると自由度がないかもませんね。

ホンダ フリードが値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このフリード、予算オーバーだ…」
「少しでも、安く買いたい…」
「色々なディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーに売り込まれ騙されないか心配…」

など、フリードの購入を検討しているけど
損しないように買えるのか心配・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談しても
親身に聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になること
多くあります。

一括査定サイトを使うと、
大手下取り会社、最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク