下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になること
多くあります。

一括査定サイトを使うと、
大手下取り会社、最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

コンパクトミニバンとして、高い人気を誇るホンダフリード 。

その人気の秘密の一つが室内空間の活用度の高さであることは明白です。

 

そして、その高い質を誇る室内空間を最大限に活用して、車中泊を楽しむファミリーがとっても増えているとのこと。

その秘密に触れてみましょう。

 

スポンサードリンク

フリードプラスで欠かせないグッズ・段差をなくし快適なベットに!

引用元:https://www.honda.co.jp

 

まずはホンダフリード で車中泊を楽しむ人はどんな快適グッズを使っているのでしょうか?

これさえあれば車中泊が10倍快適になるホンダフリード との相性抜群グッズを紹介します。

 

フリード で車中泊をするコツは?

引用元:https://www.honda.co.jp

 

ホンダフリード は後部座席空間の快適さが大きな特徴ですね。

その快適さの源がかなりフラットになるシートアレンジです。

 

ホンダフリード で快適に車中泊をするコツ、ズバリ!「極限までフラットにしよう!」ということです。

 

ホンダフリード はもともと設計上かなりフラットになるシートアレンジを実現していますが、それでもどうしても微妙な隙間などがあったりします。

 

そこで、その隙間に「あまり使わない」荷物をうまく入れてあげることで、もともとフラットな空間がさらにフラットさを増すことができます。

 

引用元:https://www.honda.co.jp

その時、靴などの履物はちゃんと履ける位置(例えばドア近くの足元など)にきちんとキープしておくことも車中泊を極める上で大事ですよ!

 

こんなグッズがあれば快適!

引用元:http://vent-de-shonan.hatenablog.com

 

そんなフラットを極めたホンダフリード をさらに快適にしてしまうグッズってありますよね!

ここではそんなグッズを一部ご紹介いたします。

 

まずはなんといってもマットですね!!

フリード ぐらい後部座席空間が広いと楽々マットがひけてしまいます。

 

もちろん、通販などで車内用のマットを購入するのもグッド!二つ折りになったりと収納にも気をつけてくれています。

 

また、もっと安く済ませたいという方はニトリなどのホームファニチャーでもなかなかなマットが購入できます。

 

隙間埋め+フリード のフラットスペース+マット敷きでかなりの快適空間ができてしまいます。

 

引用元:https://www.honda.co.jp

 

プラス、これもお勧めしたいのが、「カーテンをつけよう!」ということです。

これも様々なところから設置用のカーテンは販売されていますし、中にはホームセンターなどでも自分でつけられるカーテンが販売されています。

 

快適究極フラットスペース+カーテンでのプライベート空間完全確保でまるでお部屋のような快適さが得られますよ。

 

引用元:https://www.honda.co.jp

ちなみに、「サイズ感などにこだわって完璧に仕上げたい!」というあなた、ホンダはお布団を含めて準備してますよ!!

フリード 専用お布団!良い響きです。

 

スポンサードリンク

フリードプラスの荷室寸法(サイズ)・容量はどれくらい?

引用元:https://publicdomainq.net

 

では、そんな快適空間をつくりだすホンダフリード 、その荷室寸法や容量はどれくらいなのでしょうか。

これもしっかりとご紹介してみます!

 

フリード の荷室サイズをまとめてみた

引用元:https://www.honda.co.jp

 

フリード プラスの荷室寸法(サイズ)を調べてみると、次のとおりです。

ガソリン車で、長さが2310mm幅が1455mm高さが1285mm

 

これは、ハイブリッド車の場合は高さが10mmだけ低くなっています(ほぼわからないレベルの差だと思いますよ)。

 

そして、荷物出し入れにも関わる開口部の大きさは、開口部大幅 1080mm、開口部地上高 335mmという感じです。

 

引用元:https://www.honda.co.jp

 

通常仕様のホンダフリード が3列シートで乗車人数にもしっかりこだわっているのに対して、フリードプラスの大きな特徴が「人数にこだわるのではなく、室内空間の快適さにこだわる」というあくなき姿勢です。

その結果がこの室内寸法にも現れていますね。

 

引用元:https://www.honda.co.jp

 

また、容量について調べてみると、通常状態で715Lを確保し、2列目をフラットにすると、なんと1,257Lまでの大容量を実現します。

 

本当にとってもゆったりしています。

後部座席でしっかりと大人がまっすぐ伸びて寝られるサイズだったりします。

 

人気コンパクトミニバンで一挙比較

引用元:http://www.suzuki.co.jp

 

ここまで徹底解説してきたホンダフリード の室内快適性能。

では、ライバル車との比較はどうなんでしょうか。

よくあげられるライバル車種と比べてみましょう。

 

フリード:室内長3045mm、室内幅1455mm、室内高1285mm

シエンタ:室内長2535mm、室内幅1470mm、室内高1280mm

ソリオ :室内長2515mm、室内幅1420mm、室内高1360mm

 

引用元:https://www.honda.co.jp

 

こうやってみてみますと、フリード の室内長の長さが半端ないですよね。

これはホンダがミニバン市場で長年にわたって開発してき続けた荷室空間確保の技術が生きている証拠です。

 

引用元:https://www.honda.co.jp

 

そして、これが後部座席空間の快適さにつながっていると言えます。

これだけの室内空間を確保してくれるからこそ、ゆったりとファミリーで乗れて、思いのままに旅先で車中泊。

 

なんて贅沢な使いかたができる。それが高い人気を誇る理由の一つですね。

 

スポンサードリンク

フリードプラス 3人で車中泊は可能?感想も紹介

引用元:https://www.honda.co.jp

 

このように巨大荷室空間で快適な車中泊をすることができるホンダフリード 。

でも、「1人だったらどんな車でも車中泊できるよ」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、2人や3人でしっかり車中泊ができちゃう車ってなかなかありません。

コンパクトミニバン ジャンルで君臨するホンダフリード はそこらへんどうなんでしょう?

調べてみました。

 

こちらの記事もおすすめです→「フリードでキャンプ!車中泊アイデアを紹介/6人乗りと7人乗り」

 

フリード インスタでの反応は?

引用元:https://www.honda.co.jp

 

まずは世のフリード ユーザーがどのように車中泊を楽しんでいるのか、調べてみました。

楽しんでる様子をインスタから拾ってみました。

 

https://www.instagram.com/p/BLPrWmmgtd0/

https://www.instagram.com/p/Bpt6Vc-FO_Q/

 

ものすごくみなさん楽しみまくってますね。

フリードプラスの大きな武器である、「二段仕様」を存分に活用されている様子。

 

趣味にしっかりと勤しみながら、車中泊で快適ライフを送っている様子が伝わってきます。

釣竿を載せたり、中には自転車を載せてらっしゃる人もいます。

 

荷物をしっかりと詰みつつ車中泊も楽しめる。

そのためには空間だけでなく、掃除しやすさなども大切になってきますね。

 

3人で車中泊をする方法

引用元:https://motorhome-sta.com

 

大人3人となると、なかなか車中泊をするのは難しいというのが現実です(とはいえ、無理やり詰めれば大人3人でも寝られますよ)。

 

一方、フリードプラスのメインユーザー層であるファミリーというところでいくと、親子3人の車中泊は楽々できます。

 

ホンダフリード ならではのホンダ純正お布団を使って、家族3人で仲良く川の字になって寝てみる。

そんな楽しい車中泊が実現できますね。

 

2段仕様をフルに活用していただき、荷物類は下段においていただいてフルに荷室空間を就寝スペースとして確保してください。

その上で、3人車中泊の上手なコツは「お布団」ですよ!

 

「フリード で川の字!」をぜひ実現してください。

 

フリード+車中泊のまとめ

引用元:http://blog.livedoor.jp

 

ということで、コンパクトミニバン として高い人気を誇り、車内泊最強の呼び声も高いホンダフリード とホンダフリード プラスについてまとめてみましたがいかがでしたか。

 

車中泊に使える車の基準というものはいくつかあると思いますが、大切なこととして

 

「十分な荷室空間を持っている」

「シートアレンジが柔軟でできるだけフラットに近い状態になる」

「荷室高も十分な高さを持ち、圧迫感を感じさせない」

「素材として掃除などがしやすい」

 

といった条件があげられるのではないでしょうか。

 

これらをこなしつつ、家族でのお出かけを考えると運転手交代なども可能なコンパクトなサイズであり、かつ、高い燃費性能をもっていること。

 

引用元:https://www.honda.co.jp

 

並べてみるとなかなかな贅沢条件を並べてしまいました。

そして、これを見事にしっかりと満たしているのがホンダフリード 。

だからこその人気なのでしょうね。

 

そんなホンダフリード を快適に活用して、普段使いだけでなく、時に車中泊を伴う気ままな車旅なんかも楽しんでもらえれば、ぐっとカーライフの幅が広がってくると思います。

ホンダ フリードが値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このフリード、予算オーバーだ…」
「少しでも、安く買いたい…」
「色々なディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーに売り込まれ騙されないか心配…」

など、フリードの購入を検討しているけど
損しないように買えるのか心配・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談しても
親身に聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になること
多くあります。

一括査定サイトを使うと、
大手下取り会社、最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサードリンク